日東亜鉛株式会社 会社案内

沿 革


大正13年 7月 小幡亜鉛鍍金工場として、東京都中央区月島にて創業。
昭和34年10月 富士製鐵株式会社のご要望にもとづき、小幡亜鉛鍍金工場の出資により、川崎市川崎区大師河原4997番地に日東亜鉛鍍金株式会社を創設。
昭和35年 1月 富士製鐵株式会社製品パンザーマスト及び富士三機鋼管株式会社の鋼管の亜鉛めっき加工業務開始。
昭和39年 1月 富士三機鋼管株式会社名古屋工場構内に当社名古屋作業所開設、鋼管のめっき加工業務開始。
昭和41年 1月 名古屋作業所を名古屋工場と名称変更。
昭和42年 4月 富士三機鋼管株式会社名古屋工場ねじ切り部門当社へ移管につき業務開始。
昭和45年 4月 新日本製鐵株式会社、鋼管及びパンザーマストの亜鉛めっき加工部門の業務開始。
昭和46年 4月 新日本製鐵株式会社と富士三機鋼管株式会社との合併に伴い新日本製鐵株式会社の鋼管の亜鉛めっき加工部門業務開始。
昭和55年11月 川崎工場、溶融亜鉛めっき加工技術について、日本工業規格の表示認定を受ける。 (認定番号380159)
昭和60年 5月 名古屋工場、めっき炉のCOG化完成。
平成 8年 4月 川崎工場を川崎市川崎区水江町4番3号に移転し、鋼管ならびに一般構造物の亜鉛めっき加工業務開始。 社名を日東亜鉛鍍金株式会社より日東亜鉛株式会社へ名称変更。
平成 8年 6月 川崎工場、溶融亜鉛めっき加工技術について、日本工業規格の表示認定を受ける。 (認定番号380159 継続)
平成10年 7月 日東ガルテック株式会社を栃木県野木町に設立
平成19年12月 川崎工場、工業標準化法の改正に伴う、新JISマーク制度において、認定工場(認証番号:TC0307291)となる。



採用情報



お問い合わせ