日東ガルテック株式会社
トップページ メールフォーム
会社概要 溶融亜鉛めっき めっき工程 製品紹介 関連会社 当社へのアクセス
溶融亜鉛めっき
 
溶融亜鉛めっきとは?
溶融亜鉛めっきは、亜鉛によって鉄の表面に皮膜を作り、鉄の表面 が化学反応を起こさないように空気との接触を遮断することによって、さびから「鉄」を守る技術で、他の表面 処理法では得られない高い防食効果があり、「鉄」に対する最も優れた防錆法と評価されています。
溶融亜鉛めっきの特長
耐久性: 緻密な保護皮膜と電気化学防食作用により、大気(排気ガス)、海水、淡水、土壌(地中)、高温・多湿などの厳しい環境条件から鉄を守り、鉄の製品寿命を大きく延ばします。
経済性: 防錆効果が長時間持続しますのでメンテナンスの必要がほとんどなく、長期的に見れば、他の表面 処理法に比べはるかに経済的です。
密着性: 鉄素地と亜鉛とが互いに反応して緻密で厚い合金層を形成し、鉄に強固に密着しますので、衝撃や摩擦に強く、鉄素地を守ります。
均一性: めっき層に侵漬することにより、複雑な構造のものでも隅々まで溶融亜鉛めっきがゆきわたり、均一な亜鉛皮膜が形成されます。
日東ガルテック株式会社
2003 NITTO GALVANIZING TECHNOLOGY CO.,LTD. All rights reserved.