事業紹介

溶融亜鉛めっきとは


溶融亜鉛めっき
は、亜鉛によって鉄の表面に皮膜を作り、鉄の表面が化学反応を起こさないように空気との接触を遮断することによって、さびから「」を守る技術で、他の表面処理法では得られない高い防食効果があり、「鉄」に対する最も優れた防錆法と評価されています。

亜鉛めっきの歴史は、古く1742年にフランスの化学者Melouinによってその方法が発表され、1836年には同じくフランス人のSorelが特許を取得し、パリにおいて世界で初めて工業化されました。
その後、イギリス、ドイツ、オーストリアとヨーロッパ各地に亜鉛めっき工場が建設されています。

わが国では、1877年(明治10年)頃に長崎で試験的にはじめられたと言われており、1908年(明治41年)には、日本で最初の構造物の溶融亜鉛めっきが大阪で工業化されています。


亜鉛による安定した皮膜が、「鉄 」をさびから守ります

亜鉛めっき皮膜には大きな2つの特徴があります。

亜鉛めっき層図解1.保護皮膜作用

鉄素地の上に密着性の良い連続した亜鉛皮膜を作り、外部の腐食環境から鉄を遮断する遮閉帯としての作用を果たします。
空気や水を通しにくく安定した性質を持っています。




2.犠牲防食作用

犠牲防食作用亜鉛皮膜が欠損して鉄素地が露出しても、その周囲の亜鉛が「鉄より先に溶け出して」電気化学的に保護するため、鉄をさびから守ります。
塗装皮膜またはクロム、ニッケル、錫などの金属皮膜にはこのような作用はありません。





採用情報



お問い合わせ